マネーの肉

NO MEAT, NO MONEY

【メキシコペソ】スワップ投資の出口戦略を考える

こんにちは、サーロインです。

私は半年間くらいメキシコペソ円のスワップ投資をしていて、順調に利益が出てきています。先週までの投資結果はこちら。

www.maneniku.work

 

連日、メキシコペソが上がってきてますね。現在のレートは5.642です。

現在の私のポジションは、買い81万通貨・平均レート5.688・含み損が38,390円となっています。

メキシコペソが急上昇したおかげで、含み損が一気に少なくなりました。一時、含み損が30万以上になっていたのに、もう少しで含み損が無くなりそうです。

f:id:techtechlab:20191016185153p:plain

メキシコペソ円の日足チャート

 

含み損が少なくなったので、そろそろスワップ投資を止めるタイミングを考える必要が出てきました。

そこで今回は、スワップ投資の出口戦略について考えます。

 

スワップ投資を止める理由

スワップ投資を止める理由は人ぞれぞれですが、大きく分けて以下の3つの理由があると思います。

  1. 目標としていた資産に到達した
  2. スワップポイントが下がり、期待利回りが低下した
  3. ロスカットされた

私の場合、2番の「スワップポイントが下がり、期待利回りが低下した」が理由で、スワップ投資を一旦止めようと考えています。

 

私はスワップ投資にセントラル短資FXを利用しており、下のグラフはセントラル短資FXのメキシコペソ円のスワップポイントの推移を示しています。

6月の16.4円をピークに、スワップポイントが少しづつ下がっていて、現在は約13円で6月より20%も下がっています。

f:id:techtechlab:20190925210555p:plain

 

スワップ投資では、毎日もらえるスワップポイントで利益を出していくので、スワップポイントが20%減ったということは、利益が20%減ったということです。 

当初予定していたよりも利回りが悪くなってしまったので、スワップ投資を止めるタイミングを考えています。 

 

スワップ投資を止めるタイミング

では、どのタイミングでスワップ投資を辞めるのが正解でしょうか。

 

まず、FXで利益を出す方法は2通りあります。

為替レートの変動により利益を出す「為替差益」と、金利差を利用して利益を出す「スワップ益」です。

説明をわかりやすくするために、ここでは、為替差益+スワップ益=トータル益とします。

 

為替差益とトータル益(為替差益+スワップ益)の関係から、スワップ投資を止めるタイミングを以下の5つに分類できます。スワップ投資なので、スワップ益は常にプラスになります。

下に行くほど、トータル益は大きくなります。

  1. 為替差益:マイナス、トータル益:マイナス
  2. 為替差益:マイナス、トータル益:プラマイゼロ
  3. 為替差益:マイナス、トータル益:プラス
  4. 為替差益:プラマイゼロ、トータル益:プラス
  5. 為替差益:プラス、トータル益:プラス

 

私の現状は3番「為替差益:マイナス、トータル益:プラス」で、為替差益(含み損)がマイナス4万円に対して、スワップ益は16万円であり、トータルで12万円のプラスになっています。

今すぐスワップ投資をやめても損はしませんが、できれば、より多くの利益を得られる4番、5番の状況を目指したいですよね。

スワップ投資の基本方針は、スワップポイントで利益を得ることなので、4番の「為替差益:プラマイゼロ、トータル益:プラス」になれば投資は成功したと言えます。

 

為替差益がどれくらい得られるか(メキシコペソがどこまで上がるか)を考えるために、メキシコペソ円のチャートを分析します。

チャート分析には TradingView  が使いやすいですよ。

 

下はメキシコペソ円の週足チャートです。スワップ投資は長期トレードなので、時間軸の長いチャートを利用します。

まず、トレンドラインを引いて見ると、メキシコペソ円は長期的に見て下降トレンドで有ることがわかります。

そして、斜めのトレンドライン(抵抗線)から、メキシコペソ円は5.8円前後まで上昇し、トレンドラインで反発して下落すると予想します。

サポートラインが5.2円で、また5.2円台まで下がるかもしれないので、下落する前に利益確定をしたいところです。

f:id:techtechlab:20191016195642p:plain

メキシコペソ円週足チャート

 

5.8円までメキシコペソが上がった場合、私のポジションは為替差益が10万円くらいのプラスになっています。

5番の「為替差益:プラス、トータル益:プラス」の状況になり、スワップ投資を止めるタイミングとしていい感じではないでしょうか。

もちろん、5.8円を超えて上昇し続ける場合も考えられますが、そのときはそのときです。機会損失になるだけなので。

 

まとめ

今回は、スワップ投資の出口戦略について考えました。

メキシコペソのスワップポイントが毎月下がってきているので、撤退を考えてる人も多いかと思います。

チャート分析をすると5.8円まで一旦は上がりそうなので、私はいまのところ5.8円あたりで利益確定して撤退する方針です。

以上になります。それでは。

 

//-------------------------

メキシコペソのスワップ投資にはセントラル短資FXがおすすめです

口座開設はこちらからどうぞ

セントラル短資FX