マネーの肉

NO MEAT, NO MONEY

私がセントラル短資を使う理由【メキシコペソスワップ】

こんにちは、サーロインです。

私は現在、100万円ほどの資金でメキシコペソのスワップ投資を行い、毎日1000円づつ利益を積み重ねています。最新のスワップ投資の運用成績はこちらの記事に書いてあります。気になる人は先に読んでみて下さい。

www.maneniku.work

 

メキシコペソのスワップ投資には

セントラル短資FX「FXダイレクト」

を利用しています。その理由は

  • スワップポイントの高さ
  • スプレッドの狭さ

になります。それでは簡単に解説していきます。

 

スワップポイントの高さ

スワップ投資では日々受け取れるスワップポイントで利益を出していくため、スワップポイントの高さはスワップ投資で最も重要です。スワップポイントはFX会社ことに異なるため、スワップポイントの高いFX会社を選ぶ必要があります。

 

スワップポイントは日々変動しますが、セントラル短資のスワップポイントはメキシコペソ10万通貨あたり130円くらいです。調べた限り、メキシコペソ円のスワップポイントが一番高いFX会社です。

 

スワップ投資におすすめのFX会社として有名な「みんなのFX」や「ヒロセ通商」、「LIGHT FX」などは10万通貨あたり110円ほどで、セントラル短資よりも20円近く安くなっています。たかが20円の違いと思うかもしれませんが、投資結果に大きく影響します。

 

例えば、私は現在セントラル短資でメキシコペソ円を75万通貨保有しており、一日あたりのスワップポイントは975円です。スワップポイントが110円の場合は一日あたり825円に下がってしまいます。一日あたり150円、一ヶ月で4500円、1年でなんと54750円も利益が変わってきます。FX会社の選び方がスワップ投資で重要であることがわかっていただけたと思います。

 

セントラル短資はメキシコペソ円のスワップポイントは他のFX会社よりも高いですが、トルコリラ円や南アフリカランド円のスワップポイントは低く設定されています。なので、トルコリラ円や南アフリカランド円のスワップ投資を行う場合は他のFX会社がいいと思います。セントラル短資はメキシコペソ円に特化したFX会社と私は考えています。

 

スプレッドの狭さ

まず、スプレッドとは売値と買値の差のことで、為替の取引にかかる手数料と考えてOKです。スプレッドの差が小さいほどお得であり、差が多きいほど手数料が高くなります。

 

セントラル短資のメキシコペソ円のスプレッドは0.2銭です。他のFX会社もスプレッドが狭いところで0.2銭なので、セントラル短資のスプレッドは業界最狭水準になっています。

 

実は数ヶ月前まで、セントラル短資のスプレッドは0.4銭でした。一方、他のFX会社は1.8銭と非常に高いスプレッドの会社もありました。セントラル短資はメキシコペソ円の扱いを初めてまだ1年未満ですが、かなりメキシコペソに力を入れていると私は考えています。

 

以上、私がメキシコペソのスワップ投資にセントラル短資をおすすめする理由でした。

 

セントラル短資FXの口座開設はこちらからどうぞ

セントラル短資FX