マネーの肉

NO MEAT, NO MONEY

安定した不労所得のために【スワップ投資のマイルール】

こんにちは、サーロインです。

私は現在、100万円ほどの資金でメキシコペソのスワップ投資を行い、毎日1000円づつ利益を積み重ねています。

最新のスワップ投資の運用成績はこちらの記事に書いてあります。気になる人は先に読んでみて下さい。

maneniku.hatenablog.com

私は、次の3つのルールを守りスワップ投資をすることで、安定かつ高い利回り(年利20%以上)で資産運用を行っています。

  • 複利運用をする
  • 欲張らない
  • 余剰資金で行う

では、それぞれ説明します。

 

複利運用する

複利運用とは、運用で得た利益を元に再び投資をする運用方針であり、利益が新しい利益を生み出します。あのアインシュタインが「複利」を人類最大の発明というほどです。投資期間が長くなればなるほど、複利の力は強大になります。

私のメキシコペソのスワップ運用では、「スワップが2万円分貯まったら、新たにメキシコペソを1万通貨買う」としています。私は現在、1日あたり1000円ほど利益がでているので、20日に1回の頻度でメキシコペソを買うことになっています。

しかし、安定してスワップ投資をするために、複利運用にあるルールを設けています。それは、複利運用を行うのは現在のメキシコペソの価格が買いポジションの平均取得価格よりも低い場合と決めています。要は、含み損益がマイナスになっているときにしか複利運用はしないということです。

平均取得価格よりも価格が高い場合に複利運用を行うと、買いポジションの平均取得価格が上がってしまい、それに伴い強制ロスカットの価格も上がってしまいます。安定した運用を行うために、私はこのルールを設定しました。

複利に関しては以下の記事にまとめてあります。 

www.maneniku.work

 

欲張らない

FXではレバレッジといって、口座に入金した金額の何倍もの金額で為替の取引を行うことが出来ます。日本のFX会社の場合はレバレッジ25倍、海外のFX会社の場合は888倍や2000倍などとなっています。

海外口座のほうがレバレッジをかけられるため、資金効率が良くなりますが、メキシコペソのスワップ投資の場合は日本のFX会社がいいと考えています。それは、スワップ投資ではレバレッジが5倍以下になるように運用するべきと考えているからです。レバレッジを抑えても年利20%以上は簡単に実現できます。

スワップ投資では絶対に強制ロスカットにならないように資金管理を徹底することが大切です。評価損益がプラスになっているとついつい買いポジションを増やしたくなりますが、グッとこらえていつ来るかわからない暴落に備えましょう。最低でも、史上最安値の4.8円までは耐えられるようにしましょう。

f:id:techtechlab:20190918175913p:plain

メキシコペソ円の月足チャート。2016年11月に史上最安値 約4.8円。

 

余剰資金で行う

 史上最安値の4.8円は資金管理を行う上で一つの基準となりますが、今後、史上最安値よりもメキシコペソの価格が下がることは十分に考えられます。もし、強制ロスカットの価格に近づいた場合に取れる対策としては

  • ロスカットされないように祈る
  • 一部ポジションを損切りして強制ロスカットの価格を下げる
  • 口座に入金して強制ロスカットの価格を下げる

が考えられます。

もしもの場合、私は3つ目の「口座に入金して強制ロスカットの価格を下げる」を選択すると思います。そのために、メキシコペソのスワップ投資だけで資産運用を行うのではなく、株や投資信託などに資産を分散させることで、メキシコペソが大幅に下がった場合でも入金できるようにしています。

今年の1月3日のようにフラッシュ・クラッシュ(瞬間暴落)が起こってしまったら、追加入金は間に合わないので、そのときは仕方ないと考えています。

 

まとめ

私は、「複利運用する」「欲張らない」「余剰資金で行う」という3つのルールを守ることで、安定かつ高利回りでメキシコペソのスワップ運用を行っています。

メキシコペソのスワップ投資の具体的な設定は以下の記事にまとめています。投資を始めやすいように、資金10万円の設定を紹介しています。

www.maneniku.work

 

以上、私がメキシコペソのスワップ投資を行う上でのマイルールでした。

 

メキシコペソのスワップ投資にはセントラル短資FXがおすすめです。

セントラル短資FXの口座開設はこちらからどうぞ

セントラル短資FX